E5 (Everyday class 5)

クラスレベルを「何ができるレベルか」でまとめると、次のようになります。

  • CEFR = 欧州評議会が語学力の国際的な目安として設定した語学力評価基準
  • JLPT = 日本語能力試験
  • ① = 1か月目 ② = 2か月目 ③ = 3か月目
クラス E5 (Everyday class 5)
テキスト 『中級を学ぼう・中級中期』
※教材は変更の可能性もあります
CEFR B2レベル程度
JLPTT N2程度








① 時事問題や社会的な話題について、ラジオやテレビ番組などの要点が理解できる。
② 長い会話や講義が概ね理解できる。
③ 話題がある程度身近な範囲であれば、議論の流れが複雑であっても理解できる。



① 一般的な話題であれば新聞や雑誌の記事の内容が理解できる。
② 日本の歴史や文化に関する記事や資料が読める。
③ ビジネス場面で日常的によく用いられる定型文書について、その内容が理解できる。






① 日常生活に直接関係のあることや、関心のある分野について、母語話者と普通にやりとりができる。
② 身近なコンテクスト(文脈)の議論に積極的に参加し、自分の意見を説明し、弁明できる。
③ ビジネス慣習について、多少配慮したやり取りができる。

① 自分の興味関心のある分野に限り、幅広い話題について、明瞭で詳細な説明ができる。
② 時事問題について、いろいろな可能性の長所、短所を示して自己の見方を説明できる。
③ 基本的なビジネス用語を用いて、ある程度まとまった内容の説明ができる。



① 興味関心のある分野なら、幅広くいろいろな話題について、明瞭で詳細な説明文が書ける。
② 事件や体験について、自分にとっての意義を中心に書くことができる。
③ ビジネス場面で日常的によく用いられる定型文書が書ける。