E2 (Everyday Class 2)

クラスレベルを「何ができるレベルか」でまとめると、次のようになります。

  • CEFR = 欧州評議会が語学力の国際的な目安として設定した語学力評価基準
  • JLPT = 日本語能力試験
  • ① = 1か月目 ② = 2か月目 ③ = 3か月目
クラス E2 (Everyday class 2)
テキスト 『コミュニケーション日本語2』
CEFR A2レベル程度
JLPT N4程度








① (基本的な個人や家族の情報・買い物・近所・仕事などの)直接自分につながりのある領域で、よく使われる語彙や表現が理解できる。
② 道案内や機械の使い方などについて、簡単な説明が理解できる。
③ 簡単なメッセージやアナウンスの要点が聞き取れる。



① 短い簡単なテクスト(文章・談話)が理解できる。
② 広告や内容紹介のパンフレット・予定表のようなものの中から、日常の単純な具体的に予測のつく情報が取り出せる。
③ 簡単で短い手紙やメールなどが理解できる。






① 事情を簡単に説明したり、相手に説明を求めたりできる。
ある程度具体化された計画を述べることができ、相手に助言を求めたり、与えたりできる。
② 目の前にないものについて、簡単なまとまりのある会話ができる。
③ カジュアルな会話表現ができる。
店などで必要な情報のやり取りをしながら、最低限の目的が果たせる。

① 自分の目的や希望が成立するために必要な条件について表現できる。
② 簡単な語句をつないで、意見や計画について述べられる。
道を尋ねたり、目的地までの行程を説明したりできる。
③ 状況から推測して主観的な意見が述べられる。



① 直接自分につながりのある領域での事柄について、理由や説明も含めたある程度まとまった文章が書ける。
② 直接必要のある領域での事柄なら簡単に短いメモやメッセージが書ける。(例:簡単な招待状)
③ 短い個人的な手紙が書ける。(例:年賀状、礼状)