E1(Everyday Class 1)

クラスレベルを「何ができるレベルか」でまとめると、次のようになります。

  • CEFR = 欧州評議会が語学力の国際的な目安として設定した語学力評価基準
  • JLPT = 日本語能力試験
  • ① = 1か月目 ② = 2か月目 ③ = 3か月目
クラス E1(Everyday class1)
テキスト 『コミュニケーション日本語1』
CEFR A1~A2レベル程度
JLPT N5程度








① はっきり、ゆっくり話してもらえれば、簡単な指示や自分に関する質問が理解できる。
② はっきり、ゆっくり話してもらえれば、自分の周りの具体的なものに関する聞き慣れた語や、ごく基本的な表現が理解できる。
②日本語の高低アクセントやイントネーションの違いが意味・用法の違いにつながることが理解でき、聞き取れる。
③ (ごく基本的な個人や家族の情報・買い物・近所・仕事などの)直接自分につながりのある領域で、最も頻繁に使われる語彙や表現が理解できる 。
③短い、はっきりとした簡単なメッセージやアナウンスの要点が聞き取れる。



① ひらがな・カタカナ・簡単な漢字を使った単語が理解できる。
② 掲示やポスター、カタログ、メニューの中のよく知っている名前、単語、単純な文が理解できる。
③ ごく短い簡単なテクスト(文章・談話)なら理解できる。






① 基本的な挨拶ができる。
② レストランや店などで自分のほしいものやしたいことについて、簡単なやり取りができる。
③ 直接必要なことやごく身近な話題についての簡単な質問なら、聞いたり答えたりできる。

① 基本的な自己紹介ができる。
② 自分について(趣味・生活・家族など)簡単な説明ができる。
③ 簡単な方法で語句をつないで、自分の経験・出来事・願望などが表現できる。



① ひらがな・カタカナ・簡単な漢字を使った単語、自分の情報(名前・国籍・住所など)が書ける。
② 教科書や黒板(白板)の内容が写せる。短く簡単な文が書ける。
③ 直接自分につながりのある領域での事柄について、簡単な方法で語句をつないで、短い文章が書ける。